コスプレテーピングのやり方を写真付きで解説【小顔・つり目など】

コスプレテーピングのやり方を写真付きで解説【小顔・つり目など】

スポンサーリンク

コスプレをするときのテーピングのやり方を、写真付きで詳しく解説しています。

具体的には、

・フェイスラインを上げる方法
・輪郭をシャープにする方法
・つり目にする方法
・目の開きを良くする方法(平行二重まぶたを作りやすくする方法)

ご説明していますので、必要な部分をかいつまんで読んでくださればと思います(*´ω`*)。

使用するテープについて

【コスプレテーピングの仕方】使うテープ

私が使用しているテープは、ダイソーで売っている半透明テープです。

実は怪我をしたときに購入したものですが、テーピングとして使ってみたら思いのほか使い勝手がよく(笑)、ずっと愛用しています。

頬にしっかり密着してくれて、グイッとお肉を引き上げてもはがれないので、テーピング初心者さんにおすすめです。

100円なので練習にもたっぷり使えますよ◎

パッケージをすぐに捨ててしまったので商品名を忘れてしまったのですが、おそらくこれだったと思います。

多くのレイヤーさんが絶賛されていることを今さら知りました・・・!

お肌にテーピングをする前に・・・

お肌に直接テープを貼ってはがすと、皮膚の表面がはがれたり(もっていかれた、とよく表現されていますね)皮膚に負担がかかってしまいます。

ですので、テーピングを貼る場所にファンデーションを厚く塗る、キズパワーパッドを貼る、被膜剤を使用する・・・などをして、お肌を守ってくださいね。

ちなみに私は、化粧下地→ファンデーション→フェイスパウダーのあとにテーピングをすることで、お肌にそこまで負担をかけることなくテーピングできています。(特に荒れたりしたことはありません。)

テーピングをするタイミング

どのテーピングも、ベースメイクが終わったあとがベストです。

ベースメイクの後とは、化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーを塗り終わったあと、ということです。

アイメイクなどのメイクが終わったあとにテーピングをすると、メイクで作り上げたお顔が変わってしまいますよ。

細かいメイクを始める前に、テーピングをしておきましょう。

テーピング:フェイスラインを上げる方法

まずは、フェイスラインを上げて顔を細くするテーピング方法をご紹介します。

・頬肉を何とかしたい
・小顔になりたい

というときに、活用してください。

【コスプレテーピングの仕方】フェイスラインを上げる

テープは、頬下からこめかみを通って頭に貼っていきます。初めは場所が分かりづらいかもしれませんが、今は何となくでいいので覚えておいてくださいね。

【コスプレテーピングの仕方】フェイスラインを上げる

まず、テーピングでフェイスラインを上げたときのシュミレーションをします。

手のひらでグイッと頬肉を上に持ち上げて、完成形のイメージをしておきます。

どれくらい頬肉を持ち上げれば、自分の理想のフェイスラインになるかを確認しておきます。

【コスプレテーピングの仕方】フェイスラインを上げる

テープを頬にしっかりと密着させます。お肉をひっぱってもはがれてしまわないように、しっかりと貼り付けてください。

私はいつもテープをゴリゴリに押し付けています。(お肌や顔の負担にならないように、力のかけすぎには気を付けてくださいね。)

【コスプレテーピングの仕方】フェイスラインを上げる

テープの上の方をしっかりと持ち、吊り上げるように強くひっぱります。

「これでもか」と言うくらいひっぱると、最終的にテーピングがうまくいくので、しっかりと持ち上げてください。

【コスプレテーピングの仕方】フェイスラインを上げる

テープを持ち上げた力を弱めないまま頭に貼り付けて、テープを引っ張りながらヘアピンで固定します。

「テープを引っ張りながら」というところがコツ。テープがゆるんだ状態だと、フェイスラインもしっかり上がりません。

一度テープがゆるんだ状態で固定してみるとお分かり頂けると思いますが、テーピングが上手くできていないと、テーピングをした後でも顔のお肉が大量に持ち上がります。

しっかり正しくテーピングできていたら、顔のお肉は持ち上げられているので、テーピング後に指で持ち上げることはできません。

これを覚えておいて、テーピングをしたあとに「しっかり持ち上げられているか?」を確認してみてください。

 

ここから、「つり目になるテーピング」「輪郭をシャープにするテーピング」などについてもご紹介しますが、すべて「フェイスラインを上げるテーピング」と基本的な部分は同じです。

テープを頬に密着させる→テープを引き上げる→テープを引っ張りながらヘアピンで固定することで、上手なテーピングができますので、頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

テーピング:つり目にする方法

【コスプレテーピングの仕方】つり目にする

目の少し横から斜め上に引き上げるようにテーピングをすることで、つり目になることができます。

【コスプレテーピングの仕方】つり目にする

テープを貼ってお肌にしっかりと密着させたら、斜め上にグイッと強く引き上げます。

【コスプレテーピングの仕方】つり目にする

テープを引っ張ったままヘアピンで固定すれば、キリッとしたつり目の完成です。

【コスプレテーピングの仕方】つり目にする

このテーピングをすれば、どんな目の形の方も一瞬でつり目になれます。

特に「キリッとした男装コスが苦手!」という方も、つり目にすれば印象が全く変わりますので一度チャレンジしてもらえたらと思います。

つり目キャラのコスをするのであればキャラの再現度もグッと上がりますし、より二次元っぽい顔になれますよ。

 

テーピング:輪郭をシャープにする方法

【コスプレテーピングの仕方】輪郭をシャープにする

頬から耳の下を通り、後頭部の近くにテープを貼ることで、シャープな輪郭になることができます。

【コスプレテーピングの仕方】輪郭をシャープにする

何もしていない状態の私の輪郭です。年齢もありたるみがひどく、もったりしていますよね・・・。

【コスプレテーピングの仕方】輪郭をシャープにする

テープを貼る前に、一度シュミレーションをしておきましょう。

指先を使って頬まわりのたるみを持ち上げると、こんなにもシュッとしました。

テープを貼ったときに、この写真のようなシャープな輪郭を作れるように、ざっくり覚えておきます。

【コスプレテーピングの仕方】輪郭をシャープにする

テープの貼り方は今までと同じです。

頬のやや下側にテープをしっかりと貼り、テープでたるんだ部分を顔の外側に流していきます。

テープを後頭部の近くまで力強く引っ張ったら、テープを引っ張る力を弱めないまま、ヘアピンで固定します。

【コスプレテーピングの仕方】輪郭をシャープにする

左がテーピングなし、右がテーピングありの写真です。テーピングをすると、たるみがなくなり、シャープな輪郭になりました。

テーピング:目の開きを良くする

【コスプレテーピングの仕方】目の開きを良くする

おでこから頭にかけてテーピングをすることで、目の開きをよくすることができます( ✧Д✧) カッ!! 

特に一重まぶたさん、目が腫れぼったい人、まぶたに脂肪が多い人におすすめです。

【コスプレテーピングの仕方】目の開きを良くする

貼り方は今までと同じなので省略させていただきますね。

おでこから頭にかけてテーピングをするだけで、目の形がこれだけ変わります。

私はもともとつり目、三白眼、目の開きが悪いのですが、ここにテーピングをするだけで印象がかなり変わりました・・・。

カラコンも化粧もしていないすっぴんのままだとなんだか間抜けに見えますね・・・(笑)

 

また、目の開きを良くするだけでなく、「平行二重が作りやすい」「鼻背(ここから3枚目の写真の黄色で○をした部分)が高くなる」というメリットもあります。

【コスプレテーピングの仕方】目の開きを良くする

日本人の目には、「蒙古ひだ(もうこひだ)」というひだがあります。

このひだがあるため、二重まぶたの日本人の多くは【末広型】のまぶたをしています。(まぶたに対して、末広がりになっている二重ラインのこと。)

末広型の二重まぶたでも全く問題ありませんが、二重幅が狭いと目の開きが悪く見えたり、もっと大きい目になりたくてもなれない・・・ということがあります。

【コスプレテーピングの仕方】目の開きを良くする

ですが、目の開きを良くするためのテーピングをすることで蒙古ひだも吊り上がり、平行型のまぶたが作りやすくなります。

【コスプレテーピングの仕方】目の開きを良くする

テープをすることで、簡単に【平行型の二重まぶた】を作ることができました。

 

テーピングがどうしても剥がれる場合は?

「説明通りに試してみても、どうしても上手くいかない!剥がれてしまう!」という人は、以下の方法を試してみてください。

・幅が太めのテープを使う(2.5cm~3cm)
・接着力の強いテープを使う
・顔にテープを貼り付けたときに、しっかりとテープを密着させる

それぞれ、簡単に説明させていただきますね。

 

幅が太いテープを使う

単純に、幅が太いテープを使うことで顔のお肉を吊り上げる力が高まります。

テープをウィッグネットに貼り付けて固定したときの安定感も、ぜんぜん違います。

もし今まで幅が細いテープを使っていた方は、2.5cm~3cmくらいのテープに変えてみてください。

「あれ?テーピングって意外と簡単じゃん!」と思えるようになるはずです!(ならなかったらごめんなさい泣)

 

接着力の強いテープを使う

今あなたが使っているテープは、もしかしたら接着力が弱すぎるのかもしれません

私も以前、指に巻くような伸縮性のあるテープをテーピングに使ってみましたが、顔のお肉を吊る力が全くもって足りませんでした。

下記で、「コスプレイヤーさん御用達のテープ」をまとめていますので、ぜひそちらを参考にしてみてください。

(どれもお安いので安心してくださいね!私が使っているダイソーのテープでも十分テーピングできますよ!)

 

テープを密着させる

たとえば輪郭をシャープにするテーピングをするとします。

まず頬にテープを貼りますが、ここでしっかりとテープをお肌に貼り付けてください。

ここで貼り付ける力が弱いと、頬まわりのお肉が流れません。テープも簡単に剥がれてしまいます。

テープを引っ張る力だけでお肉が持ち上がるように、「もう絶対取れない!!」くらいの勢いでテープを顔に貼り付けてください。

 

コスプレイヤーさん御用達のテープ

実際にコスプレイヤーさんが使われているテープについてまとめました。

テープを購入するときの参考にしてください。

 

コスプレでのテーピング方法まとめ

以上、テーピング方法についてまとめました。

慣れないうちはなかなか難しくって、イライラしちゃいますよね。私もそうでした。

ですが、練習していくうちに徐々に上達していきますよ!

レイヤー友達に聞いても、「初めはうまくいかなかった~」とか「なかなか理想のテーピングができなかった」って人が多いです。

初めから上手くいかない人もたくさんいるので、もし今できてなくても、焦らないでくださいね。

あなたが、上手にテーピングができるようになりますこと、心から願っています(*´ω`*)

そしてコスプレライフがもっと楽しいものになりますように!!

また、分からないことがあればお気軽にコメントしてくださいね。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です