【コスプレメイク】ぷっくりした涙袋の作り方、色別の印象(女子キャラ)

【コスプレメイク】ぷっくりした涙袋の作り方、色別の印象(女子キャラ)

スポンサーリンク

涙袋メイクを写真付きで説明しています。ぷっくり可愛い涙袋を作るときの参考にしてください。

涙袋メイクの仕方(女子キャラ)

【コスプレメイク】涙袋の作り方

涙袋メイクは、下まつ毛のマスカラやアイラインを描く前にしてください。マスカラやアイライン、シャドウを入れたあとでもいいのですが、色が混ざって汚くなってしまうことがあります。

目のすぐ下の黄色で囲った部分に、アイシャドウや涙袋用ライナーを入れます。入れるシャドウが細ければ細いほどナチュラル、きれいめな印象になり、太ければ太いほどぷっくりとした涙袋を作ることができます。

涙袋をナチュラルにしたい場合は、塗ったアイシャドウを指でポンポンとぼかしてください。私はぼかさないままのほうが写真写りがいいと感じるので、ぼかさずに次の工程に進んでいます。

【コスプレメイク】涙袋の作り方

アイシャドウを入れたすぐ下部分に、ブラウンのラインを描いて影を作ります。影を作ることで涙袋をさらにぷっくりさせることができます。

影も細ければ細いほどナチュラルな印象になり、太ければ太いほどぷっくりした涙袋になります。バランスを見ながら描き足していってください。

入れる色で印象が変わる

白、黄色、オレンジ、ピンクで涙袋を作るのですが、それぞれ色によって目元の印象が変わります。

白、ホワイト系

【コスプレメイク】涙袋の作り方(色)

最も定番の白シャドウを使った涙袋メイク。白色だと、かなりぷっくりした涙袋を作ることができます。肌なじみはよくないのですが、最も涙袋を目立たせることができまず。

パールの入った白のシャドウをたっぷり&幅広めに入れるとギャルっぽい印象にもなりますよ。

白シャドウを使うと簡単に涙袋を作ることができますので、「今まで涙袋メイクをしたことがない、初めてチャレンジする!」という方は、まず白シャドウで涙袋メイクに挑戦してみてください。

黄色、イエロー系

肌の色に比較的近いので肌なじみがよく、自然な涙袋を作ることができます。ただ、パールが入っていないまっ黄色のシャドウだと、少し浮いてしまうかもしれません。

やや使いにくい印象なので、初心者さんにはあまりおすすめしていません。

ピンク系

【コスプレメイク】涙袋の作り方(色)

うるうるの可愛い目元になれるナンバーワンはピンク色。白よりもギラギラ感がありません。可愛らしい女子キャラコスプレにおすすめ。

「男装はほとんどしないよ!」という方は、ピンク色のシャドウを持っておくと、簡単に可愛い目元を作ることができて便利ですよ。

オレンジ系

黄色と同じく肌なじみがよく、自然な涙袋を作ることができます。明るい目元になれるので、活発で元気なキャラクターのときにおすすめです。

ベージュ系

【コスプレメイク】涙袋の作り方(色)

最も肌なじみのいいカラー。お肌に自然に溶け込んで、かなりナチュラルな仕上がりになります。目立ちすぎずお上品な印象になりますよ。コスプレメイクよりも日常のメイクで活用できる色です。

男装をするときの涙袋メイク

男装をするときは、ラメやパールなどが入っていないアイシャドウを使うことをおすすめします。また、白、ピンク、ゴールドなどは可愛らしい印象になってしまうので、男装のときはナチュラルなベージュやオレンジなどの肌なじみがいい色がおすすめです。

涙袋メイクまとめ

涙袋の作り方についてご紹介いたしました。涙袋をしっかり作ると目が大きく見えるので、ぜひ覚えてコスプレに役立ててくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です