【コスプレメイク】自分の眉毛をつぶす(消す)&色を付ける方法まとめ

スポンサーリンク

自分の眉毛をつぶす方法と、眉毛に赤色や青色などの色を付ける方法をまとめています。ウィッグと眉毛の色を同じにすることで、垢ぬけますしキャラクターの再現度もあがります。この記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

自分の眉毛をつぶす(消す)方法

アニメのキャラのように眉毛を色づける前に、自分の眉毛をつぶし(消し)ておくことで仕上がりが綺麗になります。自分の眉毛と書き足したまゆ毛が二重になって、変になってしまうのを防げますよ。

黒龍堂「まゆ毛のコンシーラー」を使う

黒龍堂さんから発売されている「まゆ毛のコンシーラー」。商品レビューにも口コミがありますが、自分の眉毛が驚くほど消えてなくなります。どれだけフサフサ&黒々とした眉毛も一瞬でなかったように。乾くのも早いので、急いでメイクを仕上げたいときにもおすすめです◎

自分の眉毛を剃れない人にとても使いやすいアイテムなのですが、最近はめっきり薬局で見かけることがなくなりました・・・。通販でしか買えないのがやや辛いところ・・・。

スティックのりを使う

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウネット スティックのり Sサイズ約10g
価格:59円(税込、送料別) (2017/6/8時点)

ごくごく一般的なスティックのりを使って眉毛をつぶすことができます。スティックのりを眉毛にゴリゴリ付けて、コンシーラーとフェイスパウダーで整えるだけ。初めは「本当にのりで眉毛が消えるのかよ・・・!?」と疑ってしまいますが、本当に消えます(笑)。

お家のスティックのりで試してみてくださいね。ちなみに色付きののりは使わないようにしてください。

つけまつ毛ののり&ファンデーションを使う

手持ちのつけまつ毛用のりを眉毛に塗ってから、ファンデーションをポンポンと塗って眉毛を消す方法です。「いつも使ってる眉毛つぶし道具を忘れた!どうしよう!」というときにも使えるので覚えておくと助かりますよ。

眉毛に色付けする方法

アニメや漫画のキャラのような、青、赤、ピンクなどに眉毛を色づける方法をまとめています。

キャンドゥのカラーマスカラを使う

100円均一「キャンドゥ」で発売されているカラーマスカラを、自分の眉毛に塗るだけ。もちろんマスカラなので、まつ毛に塗ることもできます。自分の眉毛を活かすことができて、とても自然な仕上がりになるのがメリット。デメリットは自分の眉毛がないところには色が付けられないところ。

楽天通販などでもカラーマスカラはたくさん発売されていますので、そちらもチェックしてみてくださいね。

水彩色鉛筆を使う

【コスプレメイク】眉毛に色づける方法 【コスプレメイク】眉毛に色づける方法

水で溶けて色が出る「水彩色鉛筆」を使って眉毛に色をつけます。上の写真のような水筆で色鉛筆を濡らすと、色鉛筆がじわっと溶けますので、直接眉毛を描いていきます。

眉毛をつぶしてから使うとキレイに仕上がります。色鉛筆なので思い通りに描くことができますし、微調整も簡単です。長時間落ちないのも嬉しポイント。水彩色鉛筆は値段がやや高めなものが多いのですが、一度買ってしまえば何年も使えるのでコスパも高いですよ◎

メイベリン「カラーライナー」を使う

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メイベリン カラー ショー ライナー BE-1
価格:993円(税込、送料別) (2017/6/8時点)

有名化粧品ブランド「メイベリン」のカラーライナーです。カラーライナーの魅力は発色の良さ。自分の眉毛の上から描いてもしっかり発色してくれます。薬局で買えるので、眉毛メイク用道具を忘れたときにサッと買って使えるのでおすすめです。

「マジックマスカラ」を使う

ドン・キホーテなどで購入することができる「マジックマスカラ」で、まつ毛も眉毛も染めることができます。今まで紹介してきた商品と違うのは、パキッと原色に発色するところ。特にしっかり明るく眉毛を染めたい場合におすすめです。本気で原色になるので、特に濃いメイクのときや人外などをするときに使ってください・・・!(普通の女子キャラとかには全くおすすめできません。)

セリア「ボディークレヨン」を使う

6色入っているので、色んなキャラクターに活用できるアイテム。100円で買えるので、初めてまゆ毛に色付けしてみる・・・という初心者レイヤーさんにもおすすめです。

「フジコ眉ティント」を使う

プラザやショップインなどのコスメセレクトショップで購入できる「フジコ眉ティント」。去年の末頃から爆発的に人気になり大プッシュされているので、見かけたことがある人も多いかもしれません。

使い方は自分の眉毛の上から塗って、時間を置いてぺリぺリはがすだけ。プールに入ってもお風呂に入っても約2~3日は絶対に取れません。カラーはブラウンしかありませんが、「コスプレをするとき眉毛が落ちるのがつらい・・・」と言う方に試していただきたい商品です。

(お泊りのときすっぴん眉毛を晒すのが恥ずかしい、プールに行ったら眉毛が落ちて悲惨なことになる・・・という惨事を回避できるので、デートとかのときも超おすすめなんですよ・・!)

「コピック」を使う

絵描きさんはご存知かと思いますが、「コピック」でも眉毛を描くことができます。カラバリが豊富なので、思い通りの眉毛にすることができますよ。

ただ、お肌に描くようには作られていませんので、人によっては肌荒れしてしまうことがあるそうです。敏感肌の方や、心配な方は使わないようにしてくださいね。

以上、自分の眉毛を消す方法と、眉毛に色を付ける方法をまとめました。ウィッグと眉毛の色を同じにすると、急に垢抜けますし、キャラクターの再現度もグンと上がります。コスプレのクオリティを上げたいレイヤーさんは、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です