コスプレイベント参加を親に言うべき?説得・隠れてコスする方法は?

コスプレイベント参加を親に言うべき?説得・隠れてコスする方法は?

スポンサーリンク

コスプレイベントに参加することを親に言うべきかどうか?について、管理人の個人的な意見を書きました。参考程度に見ていただけたらと思います。

コスプレすることを親に言うべき?

あくまで個人的な意見ですが、絶対に言わなければならないとは思いません。コスプレイヤーさんの中には、コスプレしていることを親に黙っている方もいらっしゃいます。

ただ、親を安心させると言う意味では、コスプレしていることを伝えた方がいいと私は思っています。

未成年や学生さんの場合は、親から「今日は何をしにいくの?」と聞かれるのは当たり前のことだと思います。最近は未成年が事件に巻き込まれることも多くあり、ご両親はあなたが事件に巻き込まれやしないか、怪我でもしてしまわないかと心配しています。

親が「コスプレは危ない」と思っているときの説得方法

「コスプレ」という文化は、だいたい1970年~1980年からジワジワと広がり、1990年代(約30年前)から爆発的に広がったとされています。ただ、30年前頃のコスプレ活動というのは、今ほど知名度もなかったコミケやV系バンドのライブでひっそりと行われていたのだそうです。当時はコスプレ衣装を販売しているお店もほとんどなく、自分で作るしかなかったと聞くと、相当愛がないとできないものだと分かりますよね。

前置きが長くなりましたが、つまり、「多くの親にとってコスプレは馴染みのないもの」なのです。コスプレイベントに行って何をしているのかも想像がつきませんし、イベント会場で誰とどのように交流するのかも分かりません。それに、「コスプレ」と言うと「いかがわしいものだ」「いやらしいものだ」と認識している親御さんもいらっしゃるはずです。

もし、「私はコスプレがしたい(している)」と伝えた時に、「危ないからやめなさい」「いやらしいものじゃないの?」と言われたときは、まずその誤解を解く必要があります。

コスプレに対する誤解を解く方法としては、以下のようなものがあります。

・親と一緒にイベントや同人誌即売会に参加する
・イベントの様子が載っているサイトや雑誌を見せる
・見知らぬ人が居ない場所でのみ活動をすることを伝える

親と一緒にイベントや同人誌即売会に参加する

親に、実際のイベントの様子を一緒に見てもらう方法です。知らないことや行ったことがないものを知るには、自分の目で見るのが最も手っ取り早い方法です。もしも「一緒に行ってもいいよ」と言ってくれるのであれば、一度参加してみてはいかがでしょうか。

最近では、コスプレイヤーさんが自分の子どもを連れてイベントに参加されていたり、中学生や高校生のレイヤーさんが親も同伴でイベントに参加されている方も見かけます。周りから見ておかしいことではありませんし、ご両親を安心させることもできる方法です。

イベントの様子が載っているサイトや雑誌を見せる

イベントに来てくれそうにない場合は、イベントの様子が分かるサイトや雑誌を見せるのも手です。どんな場所でのイベントなのか、どんな風に楽しむイベントなのかが伝わるので、親御さんもコスプレイベントの内容がイメージしやすいはずです。

見知らぬ人が居ない場所でのみ活動をする

どうしてもコスプレイベントへの参加を認めてもらえない場合は、イベント参加ではなくスタジオで撮影をして、「友達だけで楽しんでいる」ということを伝えましょう

イベントの参加は諦めなければなりませんが、その代わりに「何歳になったら行ってもいいか」を決めておきましょう。

親が不安になる気持ちも分かりますし、親からお金をもらったり生活費を出してもらっている間は、制限があるのも仕方がないことです。ですがだからと言って、一生コスプレ禁止にされてしまってはたまったものではないですよね。人生を楽しむための趣味としてコスプレを楽しみたいのですから、「大学生になったらコスプレイベントに行く」とか「成人したら自由にさせてね」という風に、話しておくことをおすすめします。

親に隠してコスプレをする方法

「私はとてもじゃないけれど、親にコスプレをするなんて言えそうにない・・・」という方もいらっしゃると思います。私の周りにも、年齢関係なく「コスプレが趣味だということは親に言っていない」と言う方はたくさんいらっしゃいます。

コスプレ衣装一式借りられる場所でコスプレをする

コスプレ衣装が借りられるスタジオやイベントなら、親にバレることなくコスプレを楽しむことができます。「コスプレ衣装を借りられるスタジオ・コスプレ」についてはコチラをご確認ください。(コスプレイヤーズアーカイブに飛びます)

衣装もウィッグも何もかもを隠し通す

購入した衣装やウィッグなどを親のいない時間に時間指定で配送してもらい、自分の部屋(があるのであれば)に隠し、イベント当日も「友達の家に行く」などと言ってとにかく「隠し通す」方法です。

「絶対にバレない」とは言えませんが、コスプレしていることは隠せるのではないでしょうか。ただ、自分の部屋がない場合や、親が自分の部屋に勝手に入る(掃除のためなど)場合、隠し通すのはとても難しいでしょう。

成人しているけれどコスプレを反対される場合

実家暮らしの人で、「自分でお金も稼いでいるけど、コスプレを反対される」という場合は、一人暮らしを検討してみてはいかがでしょうか。

たとえ自分でお金を稼いで家にお金を入れていたとしても、親と住んでいる限り何らかの制限があるのは仕方のないことです。お金もかかりますしすぐにできることではないと思いますが、一人暮らしをすることで、より自由にコスプレ活動をすることができます。

自分の身は自分で守りましょう

親に伝えて活動するにしろ、隠して活動するにしろ、コスプレイベント(もちろん日常でも)で何があるか分かりません。写真を盗撮されて勝手にSNSに挙げられたり、セクハラまがいのことをされる可能性もないとは言い切れません。すべては個人が自分の行動に責任をもって、危険な目に遭わないようにつねに気を付けておく必要があります。

少し厳しい言い方になるかもしれませんが、特に未成年の場合は大人よりも知識や経験が少ないことが多く、悪い大人にうまくつけ込まれる可能性もあるのです。(もちろん大人もその可能性はあります)

見知らぬ人を簡単に「信頼できそうだな」と判断したり、数回しか会っていない人と二人っきりで撮影するようなことは避けるようにしましょう。自分がすぐに逃げられないような状態にならないように気を付けてくださいね。

以上、「コスプレ活動を親に伝えるべきか?」についてまとめました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です